LINE UP 2017年

『逆行』

2017年

2017年3月11日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

カナダの若き才能が世界の心を揺さぶった、衝撃作。
俳優一族出身のロッシフ・サザーランド主演!

本作の主人公ジョンが突然陥った窮地はあまりにも過酷だった。尊い人命を救うことに心血を注いできた誠実な医師が、一瞬の激情に駆られた行動で取り返しのつかない殺人を犯してしまう皮肉なめぐり合わせ。東南アジア・ラオスという、言葉も通じず、あらゆる文化、習慣が違う異国の地で警察に追われる孤立感、恐怖感は尋常ではない。本作は、そんな極限状況に囚われた青年がたどる壮絶な運命を、圧倒的な臨場感と疾走感がみなぎる映像で描ききり、有名な映画批評サイト“ロッテントマト”で82%の高い支持を獲得した。逃亡サスペンスとしての傑出した出来栄えに加え、人間の弱さや哀しさを生々しくあぶり出し、贖罪という心揺さぶるテーマに踏み込んだドラマも見逃せない。人生最大の決断を迫られる主人公の葛藤を通して、観る者に“人間の正しきこと”を問いかけるラスト3分は、しばし忘れえぬ深遠なカタルシスをもたらすに違いない。
『逆行』で鮮烈な長編デビューを飾ったのはカナダのジェイミー・M・ダグ監督。濃密なサスペンスと人間ドラマを見事に融合させた本作でカナダ版アカデミー賞(カナダ・スクリーン・アワード)の最優秀新人作品賞ほか複数の賞を受賞。また近年、映画やTVドラマで頭角を現しているロッシフ・サザーランドが主人公ジョンに扮し、「24-TWENTY FOUR-」でおなじみの異母兄キーファー・サザーランド譲りの熱演を披露。ニコラス・ウィンディング・レフン監督作品『オンリー・ゴッド』における怪演が話題を呼んだヴィタヤ・パンスリンガムが脇を固める。

2017年3月11日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開

OFFCIAL SITE

FACE BOOK

TWITTER 

脚本・監督:ジェイミー・M・ダグ
出演:ロッシフ・サザーランド『ハイエナ・ロード』、サラ・ボッツフォード、ヴィタヤ・パンスリンガム『オンリー・ゴッド』
2015年|カナダ・ラオス|英語・フランス語・ラオ語・タイ語|カラー|DCP|シネスコ|88分|字幕翻訳:種市譲二|原題:RIVER|
提供:新日本映画社|配給:エスパース・サロウ|G|©2015 APOCALYPSE LAOS PRODUCTIONS LTD.

 


『人類遺産』

2017年

2017年2月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

日本で10万人が観た大ヒット作『いのちの食べかた』
ニコラウス・ゲイハルター監督最新作!!
撮影期間4年、世界70ヶ所以上にも及ぶ“廃墟”にカメラを向けた唯一無二の映像集

記録的なロングランヒットとなった『いのちの食べかた』(07)で一切のナレーション・音楽を排し「食糧」の生産現場を見せ、『眠れぬ夜の仕事図鑑』(12)では世界の「夜に活動する人々」に焦点を当て、美しい映像の中にも痛烈な社会批判や、現代社会に警鐘を鳴らすメッセージが込められた作品を撮り続けるニコラウス・ゲイハルター監督。彼がこの最新作で切り撮るのは、かつて人間の手によって作られ、利用され、やがて人間の都合で放置され、朽ちてゆく世界の“廃墟”だ。
これまで通り何の説明もいらない圧倒的な映像美のなか、本作ではついに人物すら登場しない究極の世界観を創り上げている。高度成長期を支えたマンモス団地、子供たちの楽園だったテーマパーク、観客の拍手が反響した大劇場。人々がいなくなった後には、緑が覆い、鳥が飛び、風が吹きすさぶ―。誰もいない廃墟の風景に、まるでその場にいるかのような臨場感と不思議な生命力さえも感じさせられる。
私たちが見ている光景は過去の産物なのか? それともこれが未来の世界なのか? そもそも人類がこの地球に存在する意味とは何なのか? “棄てられた風景”が、今静かに語りかけてくる―

2017年2月、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

OFFCIAL SITE

FACE BOOK

TWITTER 

製作・監督・撮影:ニコラウス・ゲイハルター『いのちの食べかた』『眠れぬ夜の仕事図鑑』
2016/オーストリア、ドイツ、スイス/94分/ビスタサイズ/DCP/原題:『HOMO SAPIENS』
提供:新日本映画社/配給・宣伝:エスパース・サロウ
公式HP:jinruiisan.espace-sarou.com
(C)2016 Nikolaus Geyrhalter Filmproduktion GmbH


 


『疾風スプリンター』

2017年

2017年1月7日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開

今、自転車がアツい!
香港アクションの申し子ダンテ・ラムが放つ、渾身の本格プロ・ロードレース映画の誕生!
究極のスピード感、興奮、感動のすべてを全身で体感せよ!

近年の自転車ブームの決定打ともいえる映画が誕生!
本作が描くのは、アマチュアや学生を対象としたロードレースではなく、あくまでも自転車を生業とするプロ・ロードレーサーたちの熱き姿だ。プロがゆえの葛藤や苦悩、栄光と挫折を浮き彫りにしたドラマを軸に、次々と繰り出される壮絶かつ圧倒的なレースシーンは手に汗握る臨場感!監督は、『激戦 ハート・オブ・ファイト』(13)で知られ、日本にも多くのファンを持つ香港アクションの申し子ダンテ・ラム。キャストには、エディ・ポン、ショーン・ドウ、チェ・シウォンといった台湾・中国・韓国を代表する人気俳優たちが集結。スタッフとキャストの、妥協なき強いこだわりと信念が作り上げた超本格派プロ・ロードレース・エンターテインメント!

2017年1月7日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開

OFFCIAL SITE

FACE BOOK

TWITTER 

監督・脚本:ダンテ・ラム『激戦 ハート・オブ・ファイト』
出演:エディ・ポン『激戦 ハート・オブ・ファイト』、チェ・シウォン『ヘリオス 赤い諜報戦』、ショーン・ドウ『サンザシの樹の下で』、ワン・ルオダン『いつか、また』
2015/香港・中国/北京語、広東語、英語、韓国語/スコープサイズ/カラー/DCP/125分
原題『破風』、英題『TO THE FORE』/字幕翻訳:鈴木真理子/提供:ギャガ、新日本映画社/配給・宣伝:エスパース・サロウ  
© 2015 Emperor Film Production Company Limited



 


『うさぎ追いし-山極勝三郎物語-』

2016年

有楽町スバル座ほか全国順次絶賛公開中!

「癌が作れれば、癌は治せる。」
100年前。世界が驚く実験を成功させたのは、信州上田生まれの病理学者だった―。
ノーベル賞の栄誉より、万人の幸福を願う癌研究の先駆者・山極勝三郎の魂。その壮絶な生涯。
主演は、いまやその姿を見ない日はないほどの大人気実力派俳優・遠藤憲一。
学生時代~晩年までの40年間あまりを圧倒的な存在感で演じきった。
また、勝三郎の傍に寄り添い続けた妻・かね子を演じたのは水野真紀。
勝三郎の良き理解者であった親友・滋次郎には豊原功補。
勝三郎とともに研究を成功へと導いた助手・市川には岡部尚、
勝三郎の娘(晩年)・梅子には高橋惠子、勝三郎の恩師・三浦には北大路欣也。
人工癌発生の偉業から100年超の月日を経て、現在もなお続く癌との闘い――
その礎を築いた一人の男の生きざまに迫るヒューマンドラマ

有楽町スバル座ほか全国順次絶賛公開中!

OFFCIAL SITE

出演:遠藤憲一、水野真紀、豊原功輔、岡部尚、高橋惠子、北大路欣也
横光克彦、緒方美穂、尾崎右宗、秋月成美、森日菜美、古今亭文菊、白川和子、三上寛

プロデューサー:永井正夫(『のぼうの城』『スパイ・ゾルゲ』)
監督:近藤明男(『ふみ子の海』『エクレール・お菓子放浪記』)
エグゼクティブプロデューサー:増田和悦/ゼネラルプロデューサー:島田基正
脚本:篠原髙志/撮影:久保田悦朗/照明:大久保武志/美術:中川理仁/編集:齋藤竜/音楽:近藤清明/
協賛企業:ルートイングループ 東京アカデミー コロナ住宅 スターツ・ホテル清風園 ビックカメラ 製作:「うさぎ追いし―山極勝三郎物語―」製作委員会/題字:川村龍洲
©2016「うさぎ追いし-山極勝三郎物語-」製作委員会 
2016/ビスタサイズ/カラー/DCP/111分/配給・宣伝:新日本映画社